ミャンマーとは?

みなさんは
Myanmarという国を、ご存知でしょうか?
名前すら知らない方が多く、ビルマと言えば、名前は知っている人が多くなる国です。

しかし、アウンサンスーチーさんをご存じの方は多く、社会人で知らない人は稀だと思います。

 

このように日本では認知度も不思議な国、Myanmarについて多くのみなさんが興味を持って頂き、ファンになって頂けますと幸いです。

「ミャンマー」ってどこにあるの?

東南アジアのASEAN加盟国で、タイの北にある国です。
インド、中国、タイ、ラオス、バングラディシュに接しています。

ASEAN加盟国は、10ヶ国です。

  1. インドネシア
  2. カンボジア王国
  3. シンガポール
  4. タイ王国
  5. フィリピン共和国
  6. ブルネイ・ダルサラーム国
  7. ベトナム社会主義共和国
  8. マレーシア
  9. ミャンマー連邦共和国
  10. ラオス人民民主共和国

日本からはANAの直行便が毎日運航しており、フライト時間は約7時間です。時差は、2時間30分です。

手軽に行くには、香港乗換えやタイ乗換えなどもあり、LCCを使えば、さらに安く『4万円代』という選択肢もあります。
日本国内と変わらない金額で、さらに今年の9月末日まではビザ無し渡航が可能(日本と韓国のみ)ですし、入国・出国カード、税関申告書も不要です。

「ミャンマー」の気候は?

日本の約1.8倍の面積を有しており、南北に長い国です。
北はヒマラヤ山脈に近く雪が積ります。

ヤンゴンの気候は、1年を通して暑いのですが、今は雨期のため湿度が高くなっています。
暑期: 3~5月(24~40℃)
雨期: 6~9月(24~30℃)
乾期:10~2月(20~35℃)

「ミャンマー」の人口や言語は?

発展途上国のため正確な人口統計が難しい状況ですが、約5,400万人と言われています。
最大都市「ヤンゴン」は、約700万人と言われています。

 

言語は「ミャンマー語」で、第二言語として英語が教育されています。
もちろん、日本の英語教育とはレベルが異なり、一流大学ではコミュニケーションレベルに達する学生が多数います。シンガポールでの就職を目指している学生はビジネスレベルとなっています。
また、中国系の家系も多く中国語を話せる学生も多いことも特徴です。

 

ミャンマーは多民族国家であり、ビルマ族、シャン族、カチン族、チン族、モン族、ラカイン族、カイン族、カヤー族など、135民族から構成されています。
各民族はチベット系、中国系、インド系、タイ系など、顔立ちも異なります。

 

宗教は仏教が 90%以上、キリスト教、イスラム教などとなっています。

 

日本でいう方言のように、地域によっては同じミャンマー語でも伝わらない、読めないことがあります。

識字率は地域による差も存在しますが、ヤンゴンでは約97%となっています。

 

この背景に仏教信仰があり、日本も昔は「寺子屋」で読み書きを習っていた時代と同様に、寺院が子供たちの教育に大きな役割を果たしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。