会社概要

社名合同会社ジーフロッグ
住所〒273-0011 千葉県船橋市湊町2丁目12-24 湊町日本橋ビル 6F
事業内容ミャンマー事業
顧問社労士工藤国際社会保険労務士事務所 http://www.kudokokusai.com/
取扱業務:タイ・ミャンマーの経営問題のご相談、働き方改革に対応する
労働諸規定の見直し、厚生労働省の助成金の申請代行、外国人労働者帰国に伴う年金関係の返金対応、他
登録支援機関2019年8月30日 特定技能の登録支援機関に認定されました

経営理念

  1. わが社は、日本の人口減少という課題にミャンマー人材と共に解決に取組みます。
  2. わが社は、ミャンマーの発展のために志を高く持ち、両国のパートナーと共に活動を続けます。

ご挨拶

私たちジーフロッグは、ミャンマーに特化した 「Myanmar 一筋」の専門家として 多くの皆さまがミャンマーに興味を持って頂けるよう活動してまいります。 私たちのビジョンは、日本の技術と文化を活かすことでミャンマーが発展し国民性が酷似していることから生まれる両国の共存と繁栄。 世界経済は人口動態を見れば一目瞭然です。 少子高齢化が進み日本経済が衰退することは明白です。 私たちのミッションは、1人でも多くの日本人がミャンマーを理解できるように。 また、多くのミャンマー人材が日本で働きスキルを身に着け、日本の人口減少をサポートしてもらえるように支援します。 発展途上国ミャンマーが発展することは確実です。 他のアセアン諸国も同等以上に発展します。 その時、日本は? 自国が経済発展している状態で、他国へ出稼ぎに行く必要はありますか? 東南アジアの中で、数年後、日本で働きたいと思う人が・・・ 真剣に考えなくてはならないと思います。

人材支援の先に生まれる未来の共存

今後、日本の周辺国との関係は厳しさを増すばかりではなく、日本は孤立することが予想できます。

日本からの支援が必要の無い先進国へと発展した国が、日本に求めるものは何か?

日本は人口減少と高齢化により市場経済が急速に低迷、縮小します。 小売業界で躍進してきたコンビニが縮小路線となりました。 消費者の世帯構造は3分の1以上が単独世帯で高齢化しています。 「便利な社会」から 「不便な社会」へと急速に変化していきます。

「不便」だけでは留まらず、警察官・消防士・自衛官・警備員・郵便局員・宅配やトラックのドライバー、、、「年金問題」も前から分かっていたことです。人口動態が示されていたからです。

ミャンマーは他国に類を見ない驚愕の発展を遂げます。

今、私たちが取組むミャンマー人材の日本での就労には、近い将来、大きな意味を持ちます。

ミャンマーが先進国となった時、労働人口が半数以下の日本を支えてくれる国になってくれると信じています。

今、ミャンマーのために考えて行動することができる。これが将来を左右すると考えています。

タイトルとURLをコピーしました